読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口唇ヘルペスはキスでうつる?

水泡が出来てしまう口唇ヘルペス。ヘルペスと言えば人にうつってしまう性病の一種ですが、口唇ヘルペスも人にうつってしまうのでしょうか?噂では、キスだけでもうつるという話が…。

バルトレックスジェネリックで経済的に治療

バルトレックスは、もともとはイギリスに本社のあるグラクソ・スミスクライン社が開発した医療用医薬品であり、ヘルペスウイルスが人体に感染して起こるヘルペスの治療に効果があります。
ヘルペスに罹ってしまうと、皮膚に水ぶくれができて痛みがともない、やがてつぶれて赤くただれてしまいます。
人によっては高熱が出たり、水ぶくれのある付近のリンパが腫れたりもします。
こうした症状が出た場合には、有効成分が1錠につき500ミリグラム含まれたバルトレックスを、1日2回の頻度で5日ほど継続して内服をすれば、ウイルスの増殖が抑制され、症状が快癒するとされています。
そのほかにも、性器に水ぶくれができる性器ヘルペスでは、このバルトレックスを通常の量の半分、要するに1日1回の頻度で毎日継続して内服することで、病気の再発を予防する効果があるとされています。
日本国内ではバルトレックスのような医薬品は処方箋薬にあたり、医師の処方箋がないと手に入れることは原則としてできません。
ただし、自己使用が目的で1回につき1か月の量までであれば、個人輸入という形式で、海外から通販で購入することも認められています。
特に、性器ヘルペスのような性病では受診もしにくいですし、予防目的で毎日バルトレックスを服用というのであれば、薬代の捻出も大変ですが、個人輸入はこうしたときに役立ちます。
個人輸入であれば、ジェネリック医薬品とよばれる、バルトレックスとまったく同じ有効成分を含有した後発の医薬品の購入もできますので、通常の手段よりも、はるかに経済的にヘルペス治療をすることができます。
インド製のバルトレックジェネリックなどは割と人気のもので、価格としては先発品の半分以下となっています。

ヘルペスの臭いにバラシクロビル、土曜午後診察の受診

口や性器などから独特の臭いがするようになった時に疑われるのがヘルペスです。
ヘルペス口内炎や性器ヘルペスなどが発症した場合、膿っぽい臭いなどを感じるようになりますので、臭いがするようなら要注意と言えます。
原因がヘルペスの場合の対策方法としてバラシクロビル錠の内服が挙げられますが、抗ウィルスの働きがある薬ですので、ヘルペスを発症させているウィルスを鎮静させる為に有効です。
バラシクロビルの作用秩序としてはDNAポリメラーゼの阻害をすることです。
ヘルペスウィルスの症状を発生させる為には細胞を増殖させる必要がありますが、増殖の為には情報が刻まれているDNAを複製する必要がありますが、その複製に関与している酵素がDNAポリメラーゼですが、バラシクロビルは問題の酵素の働きを阻害する為に活躍します。
その為、DNAポリメラーゼ阻害薬とも呼ばれており、ヘルペスウィルスが増殖して暴れてしまうことを防止してくれるのです。
バラシクロビルはポピュラーな薬であり、病院でのヘルペス治療の際にも処方をしてくれます。
そしてヘルペス対策の基本は早めに薬を服用することですので、できれば予備があると望ましいと言えます。
しかし土曜午後診察をしていないような病院もありますので、平日は仕事などでなかなか病院を利用することができない方もいることでしょう。
そのような時には個人輸入でバラシクロビル錠を手に入れておくのも良いと言えます。
個人輸入なら土曜午後診察に間に合わないような方でも薬を手に入れることができますし、尚且つ病院を利用するよりも安く購入できるのです。
ただし多少なりとも副作用がある薬ですので、できれば土曜午後診察に間に合うようにスケジュールを調整し、医師に相談しながら対策方法について考えていくことが望ましいと言えます。

ヘルペスを移しやすい舌の接触と感染する免疫異常病気

ヘルペスという病気は、ウイルス保有者との接触が原因で起こる事が多い病です。
この感染経路として知名度の高いものに性交があります。
この他者との行為を通じた粘膜同士の分泌液の接触が、このウイルスの感染を起こす要因です。
また、ヘルペスの菌は唾液にも含まれているため、感染者との舌の接触でも感染してしまう事が知られています。
唇にできるヘルペスの原因としては、この舌を通じた保有者との接触が原因とされる事が多く、保菌者との舌同士の接触を含め、キスなどの行為でもこのウイルスへの感染の可能性が高くなることを知っておかなければなりません。
ここで特に注意すべき方としては、免疫異常病気にかかっている方があります。
これは免疫異常病気で、身体の免疫力が非常に弱くなっている場合は、細菌へ感染する可能性が非常に高くなるためです。
免疫異常病気の患者様の場合は、あらゆるウイルスへの感染に注意が必要とされますが、このヘルペスという病気の場合は非常に感染力が強く、何年も細菌が体内に常駐するなど、固有の性質を持つものである事から、特別な配慮が必要です。
これらのヘルペスへの感染では薬を使って治療をすることが大半です。
特に、この感染症の場合は、早期の段階で薬を服用することで、症状の重症化を効果的に防ぐ事が可能です。
しかし、この細菌は長期的に体内に潜伏するという性質があるので、体内に残っている細菌にも配慮して薬を服用し続けることが必要とされます。
そのため、これらの症状が身体に出たことが明らかになった場合には、早期に専門の医療機関を受診して、体内でウイルスの活性化を上手く制御する事ができる、適切な薬剤を処方してもらう事が大切です。

気管支炎にはアジスロマイシン

病気になった時はお医者さんに診てもらい、何らかの薬をもらうことが多いです。
気管支炎になった時も薬をもらうことになりますが、気管支炎ではアジスロマイシンという薬を処方されやすいです。
この薬は抗生物質の一種で高い殺菌作用があり、また副作用が殆どないのでよく利用されます。
ただ最近は耐性菌が生まれたので、あまり効果がないという意見もあります。
このアジスロマイシンの気管支炎への効果は、効果があるという意見とないという意見があります。
そもそも気管支炎はウイルスが原因で起こることが多く、ウイルスには抗生物質は効きません。
そのためこの薬を使っても、気管支炎には効果がないという意見があります。
ただし同時に気管支炎は細菌も関与していることがあるので、病気の症状を和らげる効果があるという考えもあります。
医学的にどちらが正しいのかまだ結論は出ていないようですが、患者の症状を和らげることはできるといわれます。
またアジスロマイシンには副作用は殆どありませんが、一部特殊な体質の方は副作用が起こることがあります。
そのため服用する時は医師の診断を受けつつ利用することが重要です。
長期間服用する時も問題が発生することがあるので、その時も医師と相談しつつ利用した方がいいです。

ミノサイクリンの適応症

ミノサイクリンは製品名ミノマイシンとして知られています。
他にジェネリック医薬品もいろいろな製薬会社から発売されています。
剤形としては錠剤、カプセル剤、小児に用いられるドライシロップがあります。
ミノサイクリンはテトラサイクリン系の抗生物質で、さまざまな細菌に対して効果があります。
グラム陽性菌や陰性菌はもちろん、特に細菌のタンパク質合成を阻害し細菌の増殖を抑えるために、作用機序が異なるペニシリン系やセフエム系ではきかないマイコプラズマやリケッチャ、クラミジアにも効果があります。
適応症は皮膚感染症、外傷などの二次感染、咽頭炎、急性気管支炎、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、中耳炎、外耳炎、細菌性膣炎、歯周組織炎など、多岐にわたり、あらゆる科で使われます。
ミノサイクリンには小児用のドライシロップがありますが、小児に対しては歯の着色、エナメル質形成不全、骨発育不全を起こす可能性があるために、第一選択役とはなりません。
適応症ではありませんが、リウマチに使用されることがあります。
ミノサイクリンには抗炎症作用と免疫抑制作用があり、慢性関節リウマチのさまざまな炎症を抑える効果があるのです。
ただし適応症外であるため保険の適用にはなりません。