読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口唇ヘルペスはキスでうつる?

水泡が出来てしまう口唇ヘルペス。ヘルペスと言えば人にうつってしまう性病の一種ですが、口唇ヘルペスも人にうつってしまうのでしょうか?噂では、キスだけでもうつるという話が…。

女性器のヘルペスとその原因とは

女性器のヘルペスは、いわゆる性感染症の一種であり、若い女性がこの病気にかかることも割と多いものです。
症状としては、女性器やその周囲の外陰部、肛門付近などにかけて、多数の水ぶくれやただれのようなものができ、痛みがあることもあります。
特に、はじめて発症した場合には、高熱が出るほか、強い痛みによって排尿や歩行にも困難をきたしてしまうこともまれにあります。
この病気の原因は、異性との性行為によることがほとんどですが、より直接な原因としては、こうした性行為による単純ヘルペスウイルス2型とよばれるウイルスへの感染が挙げられます。
ウイルスの感染は女性器周辺にとどまらず、子宮頚管にまで広がって、子宮頚管炎を誘発することもあり、子宮頚管炎は慢性化すると不妊の原因にもなってしまうので要注意です。
なお、同じなかまである1型のウイルスは、主にくちびる、鼻、人中、口内の粘膜などに感染するため、女性器にできる性器ヘルペスと区別して、口唇ヘルペスという病名で呼ばれることがありますが、オーラルの行為が原因となって、本来は下半身に感染する2型ウイルスが口内に感染するような場合もあり得ます。
こうしたヘルペスの治療方法ですが、抗ウイルス薬を投与して、ウイルスが体内で増殖するのを抑制できれば、症状はおさまります。
抗ウイルス薬には、腟内に入れる錠剤や、内服の錠剤などの種類がありますので、症状によっていずれか一方を用いるか、または併用することになります。
女性器にできるヘルペスは再発しやすく、特にストレスや過労によって体調を崩したときに症状が出やすい傾向にあります。
再発の場合は症状がそれほど重いものとはなりませんが、同様に抗ウイルス薬による治療を行います。

バルトレックスの主な副作用は

バルトレックスは性器ヘルペスや口唇ヘルペス帯状疱疹などに対して効果がある薬です。
副作用は比較的起こりにくいものであり、子供でも量を加減した上で水ぼうそうに対しての薬として処方される事もあります。
ただし、どんな薬にも副作用はあるものであり、このバルトレックスについても副作用は比較的起こりにくいとは言っても全く起こらないという訳では無いです。
主な副作用としては頭痛や眠気、腹痛、下痢といった症状が挙げられます。
眠気などは車の運転中に起きると事故の原因ともなりますので、服用する際にはそうした事には気をつける必要があります。
ただ、ごくまれにですが重い症状が現れるケースもあるので、そうした症状が現れた場合には注意が必要です。
それではバルトレックスの副作用として、重い症状としてはどのようなものがあるのかを述べます。
まず、腎臓の機能が低下する事がありますが、重い場合は急性腎不全になる事もあります。
急性腎不全になると吐き気や下痢や頭痛などといった症状の他に尿の異常も見られ、尿の量が減ったり赤みがかったりする事もあります。
また、血小板減少症が現れる事があり、この症状としては手足に赤い斑点が出来るなどの症状が現れる事もあります。
その他にもいくつか報告されている重い症状はありますが、いずれにしても何かしらの自覚症状が現れている時点で直ちに服用するのを中止して医師に相談するようにした方が良いです。
そして、他にも薬を服用しているとその薬の影響を受けて副作用が現れるケースもあるので、医師に薬を処方して貰う際には他にも薬を服用しているという事を伝える事も大事です。
重い副作用の中には怖い症状もありますが、バルトレックスは説明したように比較的副作用は起こりにくいので、そういうケースもあるという事をしっかりと覚えておけば、必要以上に副作用を心配する事は無いです。

クラミジアの検査方法とバルトレックスとフロモックス

クラミジアの検査方法というのはいくつかありますが、男性の場合には尿検査をすることで女性の場合には子宮頚管の分泌物の検査をすることでクラミジアに感染しているかどうかを判断することができます。
また、血液を採取して検査をする血液検査がありこれは男女問わず同じ方法で行われます。
クラミジアの検査だけでなく同時に他の性病の検査を受けることもでき、その際に他の病気が見つかった場合にはそれにあった薬を使用して治療をすることになります。
ヘルペスなどのウイルスによる感染症の場合には、バルトレックスのような薬を使うことになり、淋病のように最近が原因の場合にはフロモックスなどの抗生物質が使われることになります。
クラミジアの治療に最近使われることが多い治療薬としては、ジスロマックがありこれは比較的新しい薬であることから耐性菌も少なく効果が高いためクラミジアの治療に選ばれることが多くあります。
また、ジスロマックはそれ以外にも優れた特徴があり、副作用が少ないため誰にでも使いやすいという利点があります。
血中濃度を保っている時間が長いという特徴もあり、一度の服用で一週間程度濃度を維持することができるので毎日薬を飲まなくて良いというのもジスロマックの特徴となります。
従来の抗生物質は濃度を保つために一定の間隔で服用をする必要がありましたが、ジスロマックの場合にはそれが不要となるので飲み忘れてしまうという心配がなくしっかりとクラミジアの治療をすることができます。
飲み忘れがなければそれによる耐性菌が発生する確率も少なくなり、勝手に服用をやめてしまうということもないので治りきる前に薬を飲まなくなるという心配もない優れた特徴を持っているのです。

性病を放置してはいけない理由

性病にかかってしまった場合には素早く治療をすることが必要だとされていますが、実際には診察を受けることが恥ずかしい、治療をするにはお金がかかるなどの理由で放置をしてしまう人もいます。
もちろんそうした感情、問題は誰にでもありますが、しかしながら性病は絶対に放置してはならない病気なのです。
ではどうして性病を放置してはならないのかというと、まず一つ目として「放置していると悪化していく」ということが挙げられます。
例えばかつての社会で猛威をふるった梅毒は、何年も放置されているといずれ多臓器不全に繋がっていく病気です。
多臓器不全は発生すれば致命的な症状になりますし、そこで生じる苦痛も相当なものとなります。
また現代でも問題となっているエイズも放置していれば重度の排煙や多臓器不全によって命を奪うことがありますので、絶対に軽々しく見てはならないのです。
また大きな理由として「感染を拡大させるリスクがある」ことも注意が必要です。
粘液の接触によって感染を拡大する性病は非常に多く、パートナーに自分の性病が感染してしまえば自分が完治しても再び感染してしまう、いわゆるピンポン感染が発生してしまうことに繋がります。
もし二人で感染してしまった場合には二人で検査と治療を受けていかなくてはならないのですから、どちらかで感染が分かった段階で食い止めることが非常に重要なのです。
この他としては性病が将来的な不妊症リスクに繋がること、母子感染を引き起こす性病も多いこと、そして母子感染発生時には子どもに障害が発生するリスクがあることなども挙げられます。
いずれの理由にせよ放置をしていて良いはずがありませんので、性病ではないかと疑える症状が出てきた際には必ず病院を受診して治療を受けるようにしましょう。

性病にかかった悩みを解決する自己診断の検査キット

自分の性器に異常が出てきてしまうと性病を疑わざるをえないでしょう。
初めての人との性行為をしたという心当たりがある場合にはその相手が性病に感染していて、貰い受けてしまった可能性を否定することはできません。
その相手とのつながりがはっきりとしていて事情を聞くことができればよいものの、概して性病を持っていてもなお人との性行為を行う人はつながりを消したがる傾向があり、悩みを持ち始めた頃には音信不通となってしまうことも珍しくありません。
多くの人と性行為を行った心当たりがある場合には誰を疑ったら良いのかもわからないということも悩みの種となるでしょう。
しかし、まず大切になるのは自分の性病の治療を行うということになります。
ところが、性病という病気の性質から、恥ずかしくて医療機関に脚を運びづらいというのも事実でしょう。
自己診断をして自己治療が行えれば良いのにと考える人も多いはずです。
そういった悩みを解決する動きが世の中にはあり、自己診断のためのSTD検査キットが世の中に出回るようになりました。
性病の多くには特徴的な自覚症状があることから、そこから判断してどういった性病であるかということを判断することが可能でしょう。
その判断をもとにして必要なSTD検査キットを購入して自己診断を行うと、誰にも直接接触せずに性病があるかどうかということを確定することができます。
もしそれで治療が必要になった場合には医療機関を受診するのも手段ですが、個人輸入によって治療を行っていくということも可能です。
ただし、正しい用法や用量を守って治療を行っていかなければならず、自己責任で治療を行っていくのは難しい場合もあることには留意が必要です。