読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口唇ヘルペスはキスでうつる?

水泡が出来てしまう口唇ヘルペス。ヘルペスと言えば人にうつってしまう性病の一種ですが、口唇ヘルペスも人にうつってしまうのでしょうか?噂では、キスだけでもうつるという話が…。

子犬のヘルペスの症状

犬のヘルペス感染症とは、イヌヘルペスにより引き起こされる感染症です。
多くの場合は生後1週間から2週間の子犬がかかり、感染すると体内の臓器が壊死してしまい多くの場合死に至ります。
発見から死亡までが数日から1週間と短いことも特徴です。
発症前には1週間程度の潜伏期間があります。
症状は多岐に亘り、黄緑色や緑色の下痢、嘔吐、よだれ、息切れ、食欲不振(ミルクを飲まなくなる)、泣き続ける、お腹を触ると痛がる、といったものです。
イヌヘルペスの感染経路としては、以下の3つがあります。
一つ目は母犬の体内での感染で、母犬の胎盤から感染するケースです。
二つ目は出産時に母犬の産道内で感染するケースです。
三つ目に、母犬の分泌物が口や鼻を通して子犬に感染してしまうケースです。
イヌヘルペスについては、現在でははっきりした原因が解明されておらず、その為に有効なワクチンでの予防が出来ません。
治療法ですが、大変残念なことに、感染してしまった子犬を救うことは殆ど不可能です。
輸血や抗生物質の投与をしても、出生直後に感染しているので、治療が困難なためです。
せめて、兄弟犬たちに感染しないように隔離する位しか出来ません。
しかし、同時に生まれた犬たちも感染している可能性があるため、体温を下げずに経過をみることになります。

千葉県でヘルペスの検査を受けた結果

性器ヘルペスが気になるけれど、病院にはなかなか行きにくいという人もいるかもしれません。
しかし、治療は早ければ早いほどしっかりと治すことができますし、そのまま放置しておくと結果としてさらに重症してしまうこともあるので注意しましょう。
いざという時のために受診する病院や検査方法、治療内容などを確認しておくことが大切です。
性器ヘルペスの際に受診するという場合、男性は泌尿器科、女性は婦人科に行くことが一般的です。
診断は視診と検査が中心となっており、局所部分からウイルスを採取して調べることになります。
また、初めて感染したのかもともと感染していたのかを判別するため、採血による検査で結果を調べることもあります。
治療費用が保険適用されるかどうかは、病院によって変わってくるのでしっかりチェックしておきましょう。
性器ヘルペスはありふれた病気で多くの人が感染しているため、視診も検査もすぐに終わります。
ちなみに、病気自体は2~3週間で自然に治るものなのですが、早期診断を受けることで重症化を防ぐことができるでしょう。
検査を受けた結果、性器ヘルペスだと分かったら治療を受けることになります。
性器ヘルペスを完治させることはできないのですが、抗ウイルス薬を使ってウイルスの増殖を抑える方法が一般的です。
抗ウイルス薬は飲み薬や塗り薬などがあり、症状に応じて使い分けていくことになります。
また、痛み止めやビタミン剤、抗生物質などが処方されることもあります。
千葉県でヘルペスの検査や治療を受けたいという場合、信頼できる病院を探してみると良いでしょう。
「千葉県ヘルペス病院」などといったキーワードで検索すれば、千葉県にある病院の情報が簡単に手に入ります。

唾液で感染性病は体験談を参考にバルトレックスで治療

性病と一言でいっても様々な病気の種類があります。
その中には性行為だけではなく唾液により感染するものや、性器の粘膜を介して感染するものなど感染経路も数多くあります。
唾液から感染する性病の原因としてはディープキスなどによるお互いの唾液を交換するような行為により感染することがあります。
また性器を舐めたりという行為でも感染することがありますので注意が必要です。
もしそのような行為をしている方で不安を感じたら検査キット利用し唾液の成分や血液検査などから感染の有無を確認することが可能です。
また万が一性病に感染していることが判明した場合にはバルトレックスのような性病治療薬を使用すると良いでしょう。
バルトレックスは性病治療薬として即効性が非常に高いお薬で、病院などでも処方されている人気のお薬です。
またバルトレックスの特徴としては、抗ウイルス剤でありながら副作用が比較的少ないというメリットがあります。
主に病院にて医師の診断のもと処方されているお薬ですが、通販サイトなどを利用し購入することも可能です。
薬の通販サイトは病院で処方されている処方薬や日本ではまだ未認可のお薬や安価なジェネリック医薬品などを海外のメーカーなどから直接個人輸入するための個人輸入代行業者が運営するサイトのことをいいます。
性病のようにあまり人には知られたくないような病気や忙しく病院に行く時間がない方など現在多くの利用者がいます。
また、お薬以外にも実際の利用者の体験談や口コミなども非常に参考にすることが可能です。
もし、治療をする上で不安や心配な方は体験談などを参考に同じ悩みを持つ方の改善効果やお薬の効果や副作用などの情報を参考にされてみてみるのも良いでしょう。

昔一番使われていた薬とは

現代の淋病治療においてはアジスロマイシンなどの抗生物質が主に使われることとなります。
淋病の原因は淋菌という菌類であり、抗生物質にはこうした菌類の活動を阻害する力があるからです。
ですが実は、このアジスロマイシンという薬剤が生まれたのはかなり最近のことです。
開発したのはファイザー株式会社という製薬会社ですが、ファイザー社がアジスロマイシンを開発し、日本で保険治療での使用が認められたのは2004年のことでした。
ですから、アジスロマイシンはまだ10年程度の歴史しかないということになります。
ではアジスロマイシンができる以前の淋病治療においてはどういった医薬品が使われていたのかというと、それが「ペニシリンG」や「セフィキシム」といったような薬です。
これらの薬品はかつての淋病治療の最前線にいた医薬品であり、多くの淋病患者がこの医薬品を服用することによって治療をしてきました。
これらの抗生物質は現代であってもまだ現役で使用をされているのですが、それではどうして、現代でも使用されているこれらの薬が淋病治療の最前線から退くことになったのかというと、その原因が「耐性」にあります。
生物はどのようなものであっても外敵に対して抵抗する力を有しており、それは淋菌でも変わることはありません。
こうした抵抗する力は耐性と呼ばれるのですが、人の体に淋菌が侵入し、淋病が引き起こされるたびに人は先に挙げたような薬を利用して対処をしてきました。
しかしそうした時間が長く続くうちに、淋菌自体がこれらの抗生物質に対する耐性を有してしまったのです。
特定の薬剤に対して耐性を持つ菌類のことを総称する際には「耐性菌」という言葉が使われますが、現在の淋菌のほとんどが、ペニシリンGやセフィキシムといった薬に対する耐性菌になっています。
そのため現在では、まだそこまで耐性を持たれていないアジスロマイシンなどの薬が主流となっているのです。

伝染病としてのクラミジアの感染経路

クラミジアの感染経路は粘膜に直接触れることだけなのでセックス以外で感染することがあまりないとされる感染症で、伝染病の中では感染力が弱い細菌に分類されています。
しかしクラミジアは世界中で一番多いとされている伝染病なので日本でも若い男女の多くがクラミジアに感染しているとされています。
感染経路が限定されているのでインフルエンザのような伝染病に比べるとリスクが少ないのですが、セックスを不特定多数のパートナーと行うことで感染するので、感染者の数は年々増え続けています。
クラミジアは感染経路も治療方法も確立されているので医療機関を受診すると短期間で治癒することができるのですが、症状が軽いことや生理と似ていてわかりづらいことから検査を受ける人が少ないという問題があります。
このため自治体では性病の無料カウンセリングや保健所による性病検査によって患者数を減らす対策をしているのですが、クラミジアのリスクの高さに関する知識がほとんどないので、検査を定期的に受ける若者は非常に少ないのが現状です。
クラミジアは放置していると症状が子宮の内部まで進んでしまうので、子宮内膜炎や卵管炎などを引き起こすことがあります。
これらの病気は不妊症の原因とされるものなので、クラミジアに感染することで将来的に子どもを産むことができなくなる可能性もあります。
男性の場合は尿道炎しか症状がないので病院に受診しなくても短期間で治癒することが多く、そのために発見が遅れる場合がありますが、放置していると精巣炎を起こすことがあるので、男性の不妊症の原因になることがあります。
クラミジアの感染経路は粘膜なので直腸や口の中などの粘膜にも感染するので扁桃腺炎などになることもあります。